グルコサミンは本当に膝痛に良いの?医薬品やトクホじゃないのはなぜ?

グルコサミンは本当に膝痛に良いのでしょうか?

グルコサミンはヒアルロン酸やコンドロイチンと違って、単糖類。
そのため、経口摂取によるサプリメントでもわずかながら効果が期待できると言われています。

ただし、サプリメントによるグルコサミンは、本来のグルコサミン効果よりも1/3程度しかないもの。
ですから、安易にサプリメントだけで治ると期待しては禁物です。

医薬品でもグルコサミンはあります。
この医薬品のグルコサミンのほうが、サプリメントのグルコサミンより3倍効果が期待できます。
医薬品のグルコサミンは、体内で分解されず直接吸収される成分として作られているからです。

さて、トクホのグルコサミンはどうでしょうか?

トクホとは、特定保健用食品のこと。
特定保健用食品というのは、健康維持・増進を目的としているもの。
「保健の効果」や「栄養成分の機能」等を表示することによって、摂取する方に分かりやすいように記載できるものです。

きちんとした消費社庁の認可を得ているものだけが付けられるものなのです。
ですから、きちんとした臨床データがあって販売されています。

ただし、医薬品とは大きく違います。
それは、医薬品が「病気の治療」を目的としているものに対して、医薬品は「健康の保持増進」を目的としているということです。

膝が痛い場合は、治すのは医薬品であって、膝の痛みを予め予防するものがトクホだと考えると分かりやすいです。
膝の痛みを治したい場合は、医師の提供されるグルコサミンを飲んだ方が効果的です。(もちろん、違う治療を施す場合がありますが・・・)