膝の痛みに良い医薬品のロキソニンはどんな薬でどんな作用があるのか?

膝の痛みに良いと言われている医薬品のロキソニン。

【効果・効能】
消炎鎮痛剤(腫れや痛みをやわらげてくれ、熱も下げてくれます)
主に、
・関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
・手術後の外傷や抜歯後の鎮痛・消炎作用
・急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛作用
があると言われています。

炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン(PG)という物質のせいごう生合成を抑制すると言われています。
対症療法ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。
つまり、痛みがあった場合の応急処置的な治療薬ということです。

副作用もほとんどなく、安全性が高く効き目もよいのが特徴。
胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人、喘息やアレルギーや妊娠など、そのほか持病のある人は医師に伝えておきましょう。
病気によっては症状を悪化させるおそれがありますので、この薬を提供できない場合があるそうです。

医薬品ですので、自分勝手に使用するのは危険です。
きちんと医師に診てもらい、症状の経過を確認したうえで、摂取するようにしてください。